高速出口を間違っても無料で戻れる!?特別転回の仕組み&やり方を紹介

「高速道路の出口を間違えた!」

「分岐を右に行くはずが左に行ってしまった…」

等々、高速道路で出口や分岐を間違ったことはありませんか?

運転に慣れていても時折起きることですが、本来払わなくて良いお金を請求されるのは嫌ですね…。

でしたら、間違っても無料で戻れる「特別転回」を行いましょう!

特別転回を覚えれば、仮に出口や分岐を間違っても無料で高速道路に戻れます。

この記事では、特別転回の仕組みからやり方まで詳しく解説します。




30秒で分かる特別転回の仕組み


特別転回とは高速道路の走行中、出口を通り過ぎた、または分岐を間違った際に使う緊急措置です。

高速道路では、以下のことが禁止されているため、間違ってもやらないようにしましょう。

●高速道路上のUターン
●高速道路上で後退(バック)
●高速道路の逆走

このような危険行為を防止するのも、特別転回の醍醐味です。

皆さんも、出口を間違えた、分岐を間違った方向にした…なんて時は、これより紹介する特別転回を覚えましょう。

特別転回は一般レーンで手続き|事前にETCカードを抜き係員の指示に従いましょう


特別転回の方法は、5ステップ覚えればOKです!

①一般レーンへ移動 出口、分岐の間違えに気づいたら最寄りの料金所の「一般レーン」に移動しましょう
②係員へ事情説明 一般レーンに移動後「ETCカードを取り出し」、料金所の係員へ事情を説明しましょう
③指示 係員から指示(出口の案内、高速を降りた後に入る高速の入口等)がありますので、指示に従いましょう
④精算 この時、初流入のIC~目的のICまでの料金を精算されます
⑤移動 精算完了後、係員から案内された高速出口を降り再度、指示された高速道路の入り口に入れば完了です

※再度、高速道路へ入る際「ETCカードは出しっぱなし」で入場します。そして「一般レーン」または「係員のいるレーン」に移動しましょう。

このように進めることで、高速道路で特別転回ができます。

高速道路の特別転回で注意したいポイントは?


特別転回を行う際、気を付けたいポイントが2つあります。

特別転回が不可能 ICの構造上、特別転回ができない箇所(道央自動車道、東関道の一部区間等)があります
目的のICに戻らない 目的のICに戻らず、その他のICで流出すると利用区間の通行料金が発生します

特別転回ができないICはこちら

全ての高速道路が特別転回に対応しませんので、利用する際には注意しましょう。

まとめ

高速道路で出口を間違う、分岐を違う方に進んだ…等々の間違いは誰にも置きます。

その時、慌ててUターンや後退(バック)するのは違反です!さらに思わぬ事故を招きます。

ですが「特別転回」を覚えることで、間違って走行した区間分が請求されません。

あなたが高速道路を利用するなら、特別転回を覚えておくと便利ですよ。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。