楽天カードが使えない!なぜ店舗やWEB決済で使えない?原因は?

「楽天カードで決済したいのに使えない!」
楽天カードが使えない原因は、いくつか考えられます。
もし、あなたが楽天カードを店舗やネット通販サイトの決済で使えない時、これから紹介する内容を確認しましょう。



楽天カードの限度額を超えている


楽天カードの限度額を超えると、店舗やネット通販サイトの決済ができません。
たとえ1円でも超えるとできません。

もし公共料金や通信費など、楽天カード決済にしている場合、引き落としができませんので気を付けましょう。

磁気不良や破損で決済できない


店舗で楽天カード決済ができない時、磁気不良や破損が考えられます。
たとえば、楽天カードが汚れていたり読み取り部分が破損している…等々があると決済できません。

その場合、楽天カードを再発行する必要がありますので、楽天e-NAVIや楽天カード裏面の専用ダイヤルより、再発行手続きを行いましょう。

楽天カード付帯の国際ブランドで使えない


破損や汚損がなく、限度額も超えていないのに使えない場合「国際ブランド」の原因が考えられます。
国際ブランドとは「JCB」「VISA」「Mastercard」等を指します。

実店舗やネット通販サイトによって、使えるブランド、使えないブランドがあります。
もし楽天カードが使えない時、実店舗なら店頭、ネット通販サイトならトップページに記載されてますので、一度確認しましょう。

楽天カードの有効期限が切れている


楽天カード表面に記載されている「有効期限」が切れると、実店舗・ネット通販サイトで使えません。

本来、有効期限が切れる1~2ヶ月前に更新された新しい楽天カードが送付されます。
ですが支払い遅延・滞納、信用を落とす行為を繰り返すと、楽天カードから強制解約され新しいカードが届きません。
有効期限が切れており、新しい楽天カードが届いていない方は、信用情報機関で信用情報の確認をおすすめします。



利用金額の引き落としができない


楽天カードで決済した金額を引き落としできない時、一時的に楽天カードを利用停止にします。
利用停止されても後日、引き落とし先に入金すれば解除されます。

ですが、知らずに放置すると楽天カードが使えず、さらに支払い遅延で信用情報に傷をつけます。
信用情報の問題が積み重なると、カードの強制解約や今後のローン審査に響きますので気を付けましょう。

楽天カードの暗証番号を何度も間違いロックされた


実店舗やネット通販サイトで楽天カードの決済時、暗証番号を何度も間違えた経験はありませんか?

もし暗証番号を何度も間違うと、楽天カードがロックされます。
ロックされると決済やキャッシングなどができません!

楽天カードロックされた場合「再発行」が必要のため、楽天e-NAVIより再発行の手続きをしましょう。

楽天カード側が不正利用と判断してロックしている


楽天カードが使えない原因は、あなたではなく「楽天カード側」が関係しているケースもあります。
それは「不正利用」と判断されたときです。

たとえば、短時間に高額な決済が何度も続く、または数日にわたり多額の決済があった…等々が挙げられます。
楽天カード側で不正利用と判断されれると、たとえ会員自身が何度も高額な決済してもロックされる可能性があります。

ロックされたときは、楽天カード裏面の問い合わせ先からロック解除を申請しましょう。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。