東急が株主優待変更|最低保有数を200株⇒100株変更&選択式優待制度の廃止を決定

鉄道事業からホテル、商業施設と言った幅広い不動産事業を手掛ける「東急」

2022年5月27日、東急から「株主優待変更」のアナウンスがありました!

今までは、200株以上保有する株主に「株主優待乗車証」や「優待冊子」がプレゼントされました。

今回の変更で株主優待はどうなったのか?拡充や改悪はあったのか?

変更内容を一緒に見ていきましょう。




 

東急が株主優待を200株⇒100株以上に変更|選択式優待制度は廃止へ

東急の株主優待は今後、以下のように変更されます。

  • 株主優待に必要な保有数を「200株以上⇒100株以上」に変更
  • 優待冊子に含まれる東急ホテルズの「株主宿泊優待券」が変更。ホテル会員は更に「3%割引」になります
  • 1万2000株以上保有する株主限定の「選択式優待制度」が廃止
東急 株主優待(変更後)
100株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)2枚(×年2回)
・優待冊子A(×年2回)
500株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)5枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
1500株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)10枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
2500株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)20枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
5000株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)40枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
9500株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)80枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
1万2000株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)10枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
・電車全線パス1枚
1万4000株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)30枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
・電車全線パス1枚
2万8500株以上 ・株主優待乗車証(きっぷ式)30枚(×年2回)
・優待冊子B(×年2回)
・電車、バス全線パス1枚
優待冊子A
  • 東急百貨店 買い物10%割引券(5枚)
  • 東急ストア 買い物50円割引券(20枚)
  • 東急ホテルズ 宿泊基本料金30%割引券(4枚)
  • 東急ホテルズ 飲食代10%割引券(2枚)

※東急ホテルズコンフォートメンバーズの会員向け宿泊料金から、さらに3%割引(加入者限定)

優待冊子B
  • 東急百貨店 買い物10%割引券(10枚)
  • 東急ストア 買い物50円割引券(40枚)
  • 東急ホテルズ 宿泊基本料金30%割引券(8枚)
  • 東急ホテルズ 飲食代10%割引券(4枚)
  • 東急病院 人間ドック基本料金10%割引券(1枚)
  • Bunkamuraザ・ミュージアム/五島美術館共通招待券(4枚)

※東急ホテルズコンフォートメンバーズの会員向け宿泊料金から、さらに3%割引(加入者限定)

東急HPはこちら

今回の変更で、株主優待の最低保有数が「200株⇒100株」に変更されたのは素晴らしいニュースです!

100株からでも「株主優待乗車証」や「優待冊子A」がそれぞれ年2回もいただけます。

私鉄の東急を利用しない方も沿線上の「東急ストア」東急が運営する「ホテル(東急REI等)」を使うなら、おすすめしたい銘柄です。

株主優待変更が適用されるのは「2022年9月末」からですので、東急ユーザーは検討してはいかがですか?




 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。